九星気学

気学とは、中国で3000年も前から
行われている世界で最も歴史のある占いの一つです。

気学では地球上には9種類の“気”(磁場の様なもの)が存在すると考え、この9種類の気は、定期的に下の順番で各方位を循環していると考えます。
北西 → 西 → 東北 → 南 → 北 → 西南 → 東 → 東南
(この考え方は、風水、四柱推命、日本の暦、等と共通です)

気学では、人間の生まれた時の地球上の気の配置が、
その人の運を決定すると考えます。それにより、
人間の生まれながらに持っている運気を大まかに9種類
(一白水星〜九紫火星)、厳密にいうと1,000種類以上に分類して、
その人たちの行動を分析して作り出された確率統計学です。
この理論を利用して鑑定、分析を行います。

この考え方を元にして、日本に合うように日本人が発達させた占術が
九星気学(方位学・統計学)であり、他の占いと一番違うことは、
動くことで開運するという吉方位取り(祐気取り)があるところでしょう。
昔からたくさんの人たちが、この方位の力での開運をはかってきました。



九星気学の役立つノウハウ

自分の本命星を知ろう

相性を上手に活用

吉方位で運勢アップ

メールマガジン

自分らしく幸せに生きるための心の持ち方、意識改革、開運法などをメルマガでお届けしています。登録はこちら
  ↓
自分らしく幸せに生きるための開運レッスン