言葉の持つパワー

日本には古来から、言霊(ことだま)という概念があります。
言霊とは、言葉に宿るとされる神秘的なパワー/エネルギーのことで、
古くは万葉集にも出ています。

簡単にいうと、良い言葉を発すると良い事が起こり、
不吉な言葉を発すると悪い事が起こる
ということ。

言葉のエネルギーによる引き寄せの法則とも考えられますね。

放った言葉が未来を作る、その言葉が現実になるとも言われています。

その言葉のもつ力を利用したのが、祝詞や呪詛、言霊・真言などです。
今でもお祝い事のときに忌み言葉が嫌われるのは、単に縁起が悪いという
以上のものがあるのでしょう。

言葉を発すると、その音・響きが波動を持ちます。最近は科学でも、音が持つエネルギーの波動が私たちの精神や肉体に影響を及ぼすと実証されているほど。

いろいろな言霊・真言は、昔の人々が長い歴史の中で経験的に身につけた「癒しの言霊」ともいえるでしょう。


メールマガジン

自分らしく幸せに生きるための心の持ち方、意識改革、開運法などをメルマガでお届けしています。登録はこちら
  ↓
自分らしく幸せに生きるための開運レッスン